エアコンスプレーでエアコンクリーニングする方法について

Processed with MOLDIV

薬局やホームセンターでよく見かけるエアコンクリーニングスプレー。使用手順と気をつけるべきポイントをご説明します。なお、基本的にクーラーのクリーニングにスプレーを使うことは、まったくオススメしません!

全体のエアコンクリーニングの清掃の流れ

ステップを追って、クリーニングの流れを説明していきます。

  1. ステップ1-お部屋の養生-

    まず、お部屋を汚さないように、エアコン周辺を養生します。
    エアコン周辺の動かせるものは動かし、動かせないものはビニールで覆います。

  2. ステップ2-エアコンの分解-

    エアコンを安全に洗うために、部品を外します。
    写真はお掃除機能なしの通常タイプですので、ネジを2本外せばここまで分解できます。器用な方でしたらさほど難しくないと思いますが、部品が割れてしまわないように、外すときの力加減には気をつけましょう。

    お掃除ロボットが付いているエアコンの場合は、作業の難易度がかなり高くなります。ネジも多く、細かく部品がわかれてい機種や、基盤からコネクター線をたくさん外さないといけない場合もありますので、ご家庭での分解はしない方ががいいです。

  3. ステップ3-エアコンの養生-

    濡らしてはいけない部分を保護するために養生します。
    ホームセンターの塗料のコーナーにある養生材、マスカーテープを使って養生します。

  4. ステップ4-洗浄-

    空気の吸い込み口になる熱交換器(アルミフィン)と、風を送り出す吹き出し口のファンを洗っていきます。この時、当店では専用のカバーをかけて洗剤や水が飛び散らないようにします。専用のカバーがない場合は、養生で使ったビニールなどで上手に養生しましょう。

    養生ができたらスプレーを吹きかけていきましょう。
    当店では、高圧洗浄機を使い洗剤をかけ水ですすぎます。

  5. ステップ6-組み立て-

    洗ったエアコンの水気をある程度取ったら、外した部品を取り付けます。
    部品は洗剤を使って水洗いしても大丈夫ですので、取り付ける前に洗っておきましょう。

    エアコンの機種によっては、外した部品に電装部(モーターや基板など)がついている場合があります。電装部は絶対に濡らしてはいけませんので、確認してから洗いましょう。

    水洗いした部品はしっかり水気を取って取り付けます。

  6. 試運転

    組み終えたら、試運転をしましょう。
    問題なくエアコンが動けば無事作業完了です。

    試運転の運転は、暖房か送風がおすすめです。冷房(もしくはドライ・除湿)で運転すると、熱交換器冷えることで結露が発生しますので、洗浄時の水分がしっかり乾きません。とはいえ、夏の暑い時期には冷房でも仕方ありません。風量を上げて水気を飛ばしましょう。

なお、上記の流れでトラブルが起きても、申し訳ありませんがエアコン商事は責任を負えませんのでご了承くダサい。

そもそもエアコンスプレーをオススメしない理由

エアコンクリーニングの業者が10人いれば、その10人全員がスプレーを使った清掃に反対すると思います。理由をご説明します。

そもそもキレイにエアコンの汚れが落ちない

スプレーの洗浄能力はかなり低いです。少しでもきつめの汚れになると、スプレーでは落としきれません。中途半端に汚れが落ちたせいで、エアコンをつけると残った汚れが飛んでくるようになってしまったり、水漏れの原因になったりすることがあります。

部品の破損などの故障のリスク

洗浄の際は、エアコンの部品をある程度外さなければいけませんが、これが慣れていないとなかなか難しい作業になります。部品がどのように固定してあるかわからずに、無理に外そうとすると部品が破損してしまします。お掃除ロボット付きのエアコンになると、基板に繋がっているコネクター線を外したりしないといけませんので、さらに難易度が増します。なんとか分解できても、それを元に戻す際に、ちゃんと戻せないと不具合が起こるかもしれません。
結局修理が必要になってしまうと、費用も高くついてしまいますので、やはりオススメできる作業ではありません。

エアコン洗浄剤を洗い流せず、金属を傷めたり、臭いが出る

プロのエアコンクリーニングは、洗剤を吹きつけた後に、必ず水ですすぎを行います。すすぎを行わず、洗剤が残ったままの状態だと、熱交換器などの金属を痛めてしまったり、残った洗剤から嫌な匂いが出てしまう可能性があります。

クリーニングに時間がかかる

エアコンクリーニングはプロでもそれなりに時間がかかります。当店でも、一番シンプルな機種で1時間、ロボット付きでややこしい機種になると2時間以上かかります。慣れていないと、もっと時間がかかることになります。
慣れない作業での故障のリスクや、そもそも汚れを落とせない可能性も考えると、とてもお勧めはできません。

まとめ:エアコン洗浄スプレーの使用はオススメできません!

クーラー洗浄スプレーはお手軽にエアコン洗浄ができそうですが、ネット通販サイトの口コミに書いてあるほどには、実はキレイならなかったり、トラブルの原因になったりとリスクが高いです。最終的にはプロの手が必要になる可能性が高いですので、最初からプロのエアコン清掃業者に頼むのがオススメです。

エアコン商事ニュータック|広島市のエアコン専門のクリーニング業者の活動記録